看護職の皆様へ

新型コロナウイルス感染症関連情報について

山形県看護協会 > 新型コロナウイルス感染症関連情報について

会長あいさつ

看護職の皆様へ(第1報)

 看護職の皆様におかれましては、感染症指定病院はじめ医療機関・地域、在宅、行政等において、日夜最善を尽くし、新型コロナウイルス感染症の対応にご尽力いただいておりますこと心から感謝申し上げます。
 山形県におきましても、感染者が増加傾向にあり、憂慮しております。また、長期化の様相を呈し、見通しを立てるのが困難な状況にありますが、この国難を乗り越えるため、新型コロナウイルス拡散防止のための行動をとることが大切であると思います。
 さて、日本看護協会の福井トシ子会長は、令和2年4月1日記者会見、テレビ放送に出演され、看護職は、身体のリスク、心的リスク、社会リスクを背負いながら、感染症の対応の最前線で頑張っていること、必要なマスク、防護服等が不十分であること、そして人手不足に対し、ナースセンターの紹介を実施している等のお話をされています。
 山形県においても、ナースセンターでは、看護職の方で現在、未就業の方へ復職のお願いをしております。新型コロナウイルス感染症患者の治療に多くの看護職が必要となり、それ以外の疾患を持つ患者の看護にあたる看護職の不足、そして保健所に勤務する保健師の業務もひっ迫しています。短期間や時間単位等による勤務形態の就業も可能ですので、ぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。これからも日本看護協会と連携をとり、皆様を支援できればと思います。
 そして、この度、新型コロナウイルス感染症についての情報提供をホームページにまとめました。
 特にこれからは、第3の感染症といわれる嫌悪、差別、偏見等があります。こころのケアが必要です。
 日本赤十字社「新型コロナウイルス感染症の対応ガイド」が有用ですので、ご活用いただければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。

4月15日(水)
 公益社団法人山形県看護協会

会長 井上栄子

リンク